ホーム > 福祉施設事業

福祉施設事業

当基金では、老齢給付金の給付をおこなうとともに、加入者の方々の福祉の向上をはかるため、次のような福祉施設事業をおこなっています。

死亡弔慰金

加入中に加入者の方が死亡されたとき、その遺族の方に加入者期間に応じて死亡弔慰金を支給します。
ただし、企業年金基金規約から遺族一時金または経過遺族一時金が支給される場合は、当該金額を控除した額を支給するものとし、控除した額が負となる場合は支給しない。

加入期間 金額
1年以上3年未満 30,000円
3年以上10年未満 40,000円
10年以上 50,000円

■死亡弔慰金請求書提出の注意点

  1. 加入中の加入者で加入期間が1年以上ある方が対象です。
  2. 遺族の範囲は、配偶者、子、父母、孫、祖父母および兄弟姉妹、3親等以内です。
    また、加入者の死亡当時生計を同じくしていた方です。
  3. 銀行等の合併等により、金融機関名や支店名が変更になっているケースがありますので死亡弔慰金請求書を記入する際は、必ず金融機関に確認のうえ記入してください。

死亡弔慰金請求書

老齢給付金相談

老齢給付金に関する相談を実施しています。老齢給付金概算額の確認が可能です。
ただし、電話での回答はおこなっていませんので、所定の届出用紙を提出してください。
郵便で回答書はご送付させていただきます。

老齢給付金(一時金)概算額試算依頼書

Get ADOBE READER

資料をご覧いただくにはアドビ社のAcrobat Readerが必要です。
アドビ社のダウンロードサイトより無償でダウンロードできます。



このページのトップへ